自作の際の注意点

グラフィックボードを持つ人

自作の際の注意点

自作パソコンに興味を持つ方々が増えてきました。最近では関連する雑誌や専門書、そして情報サイトが豊富になりました。以前は本当にパソコンに詳しいマニアの方しか自作パソコンに挑戦出来ませんでしたが、最近では一般的な工作の腕前を持つ人々であれば、比較的シンプルに自作パソコンに挑戦出来る設備と情報が揃いつつあります。大型の量販店や電気街の専門店に行けば、自作パソコンに必要な部品がしっかりと手に入ります。自作パソコンのメリットはなんと言っても費用対効果に優れている点です。安価になったとは言え、高機能なデスクトップPCを量販店で買えば、10万円以上、掛かります。一方で全く同じハイスペックなデスクトップPCを自作すれば、費用が恐ろしく安価になり、5万円前後で完成します。もちろん具体的な額はケースバイケースですので注意は必要ですが、既製品を買うよりも自作パソコンに挑戦した方が費用対効果が上がることが多くなっています。ただ、自作パソコンに初挑戦する方は、部品の互換性に注意しましょう。電源やCPUやマザーボード、グラフィックカード、そしてメモリ等、それぞれお互いに相性があります。相性が合わないパーツを組み合わせると、見た目上、きっちりと接続出来ていても、実際には繋がらず、使う事が出来ません。自作パソコンをする以上、全てのパーツ選びや組み合わせは自己責任になりますので、初めて買う方は専門店に赴き、互換性についてよく専門家にアドバイスを受けましょう。