パソコン

パーツ選びのあれこれ

自作パソコンならではの目的に特化したスペックをふまえて、予算を考慮しながらパーツ構成を考えましょう。自作することによってパソコンの知識を深め、仕組みを理解していけるでしょう。

グラフィックボードを持つ人

自作の際の注意点

費用対効果に優れている点が自作パソコンの良いところであり、パソコン作りに挑戦する一般ユーザーも増えてきました。ただし、パーツ同士の互換性は要チェックです。専門店へ足を運び、聞いてみると良いでしょう。

男の人

自作に必要なCPU情報

自作パソコンを作る際には、目的に応じたスペックのデバイスを選択します。CPUは、Intel製がオーソドックスな選択肢ですが、AMD製のRyzenが発売されたことで盛り上がりを見せています。

最新記事一覧

パソコン

ノートパソコンの場合

ノートパソコン用ベアボーンキットを選択することで、自作パソコンとしてのノートパソコンが製作されてきました。現在、この特徴は完成品のノートパソコンに受け継がれており、自作する際にはデスクトップの方が高い需要を誇ります。

PCを使う人

根強い自作パソコンの人気

自作パソコンが人気を維持している理由は、経済性もさることながら、カスタマイズの自由度にもあります。とくに常にスペックを更新し続けなければならないゲーマーにとっては、最善の選択です。

キーボード

自作パソコンのパーツとは

自作パソコンを作る際は、パソコンを構成するのに必要なパーツの選び方が重要になります。パーツの種類としては、PCケースやマザーボード、そしてCPUなどが挙げられます。

男性

初心者向けの自作パソコン

初心者が自作パソコンを作るには、目的をハッキリとさせてから、パーツ選びを行うのが良いでしょう。PCパーツは様々な物が販売店で売られており、これらを購入して作っていきます。

相場を把握しよう

女の人

相場を把握しよう

近年パソコンの価格は安くなり、購入しやすいアイテムになってきていますが、自分でパソコンを作成する人も増えています。自作パソコンには必要なパーツがあり、例えばパソコンケースの場合、5,000〜20,000円ぐらいであります。電源ユニットだと、4,000〜10,000円ぐらいです。マザーボードは6,000〜20,000円ぐらいで、CPUは7,000〜30,000円ほどであります。メモリも必要で、5,000〜13,000円、ハードディスクは4,000〜10,000円ぐらいでしょう。DVDドライブだと2,000円ぐらいであり、OS(windows)だと9,000〜18,000円ぐらいで購入することが可能です。ディスプレイも必要で90,000〜50,000円ほどで、キーボードとマウスなら、3,000〜20,000円になります。高価なパーツを使用すると、さらに自作パソコンを作成するコストは高くなるでしょう。パソコンのパーツは値段の幅が広いので、安価のもので作成するとコストをかなり抑えることも可能です。これらにプラスしてSSDを購入するとなると、5,000〜20,000円ぐらいかかります。ブルーレイディスクドライブなら5,000〜13,000円ほどで購入することができます。PCスピーカーは2,000〜30,000円ぐらい、サウンドカードは4,000〜30,000円ぐらいを見ておくと良いでしょう。自作パソコンを作成する場合、だいたいの相場は10万円〜15万円で作ることが可能です。セールス品だと市販のものを購入する方が安い場合もありますが、自作パソコンの魅力は自分で好きなようにカスタマイズすることができることです。